トイレは大切な存在だからこそ詰まらせない努力を

日頃、当たり前のように身の回りにあって、その大切さに気が付かない事柄は意外に多くあります。具体的に例を挙げるとすれば、「水」がその代表格です。水道の栓をひねれば、24時間365日休みなく提供されるため、「あって当たり前」な状況に私たち現代人は慣れきっていますが、一度断水すれば一気に大変な問題となります。

トイレの水が流れ続ける|マンションライフお住まいのトラブルFAQ【大和ライフネクスト】

何せ水が無い状況が長期間続くだけで、単純に人は生きていられませんし、それ以前にご飯も作れない、洗い物も出来ないなど、一気に現代人が享受している文化的な生活の根本が崩れてしまいます。



さて、これら水道と同様に、私たちの生活を支える大切なものの一つに、「トイレ」があるのを忘れることは出来ません。なぜならば、人間の生理現象として排泄は絶対に必要不可欠なもので、お手洗いが身近になければ、簡単に用を足すことができず、大変困ったことになるからです。

株式会社カクダイ/Let's Try/トイレ/ロータンクの修理

しかし近年、トイレ詰まりが頻発していることをご存知でしょうか?都内のある水道工務店では、一日の出動件数は実に80件に登るのだとか。一日を工務店の開いている時間だけではなく、24時間で計算しても、一時間あたり3.3件もの何らかの水道トラブルが発生していることになります。
何でも、最近になって出来た「便器にそのまま流すタイプの掃除用品やおむつ、生理用品」が、トイレの排水管に詰まってしまうことが増えているのだとか。

お手洗いは大切な存在です。だからこそ、前述の詰まりの原因などはきちんとゴミとしてダストボックスに捨てるといった、トイレを詰まらせないような努力をしたいところです。