花笠音頭とは

「花笠音頭」は、その名の通り「花笠踊り」の際に唄われる民謡で、山形県の各所で親しまれています。
花笠踊りは、盆踊りの時期に「花笠まつり」と称して踊られることが多く、中でも山形県の中心都市である山形市の「山形花笠まつり」が広く知られており、岩手県の「さんさ踊り」と並んで「東北五大祭り」の一つとして数えられています。

金沢シティバレエ団・富山シティバレエ団 クラシックバレエ教室

その為、花笠踊りは山形県発祥のものとして捉えられていますが、実は全国各地に同じ「花笠踊り」と呼ぶ踊りがあるのです。
「花笠踊り」とは、花笠と呼ばれる装飾のついた笠を被り、また踊りの道具として踊る踊りの事ですが、この花笠を用いての踊り自体は日本各地で見られます。
山形県や宮城県仙台の花笠踊りを北限に、南は九州まで花笠踊りは存在します。中でも京都の「久多花笠踊」は国の無形民俗文化財になるほどで、いずれも地域に根差したものあることが判ります。
花笠を使用する他は、唄や振り付けなども異なり、その起源も各地の奉納舞踊や伝統芸能として発祥したことから、そのルーツなどは重なることがあっても、地域独特の物として受け継がれています。

そのように花笠を使用する踊り自体は全国的な共通点が有りますが、山形の花笠踊りは、その花笠と着物の美しさだけでなく、「ヤッショーマカショ」の掛け声で有名な花笠音頭とセットになって印象に残ります。

花笠音頭は別名「花笠踊り唄」ともいわれ、山形県村山地方で唄われていた「土搗き唄」が元唄と言われています。

徳島市:阿波おどり 有料演舞場

その歴史自体は意外に新しいもので、大正時代に山形県の徳良湖の灌漑用水工事が行われたとき、その作業の際に職人が調子を合わせる為に唄っていた土搗き唄に、船形節や八木節が合わさって新しく生まれた土搗き唄が今の花笠音頭になったとのことです。
そこに田植え踊りから変化した花笠踊りと合わさって今の形になったと言われていますが、
踊りに合わせて賑やかなお囃子や相の手を入れたりするようになったのは、昭和に入ってからだと言われています。

仙台 ダンススクール

歴史的に新しいと言いつつ、花笠踊りは5つの流派に分かれ、唄も広く知られる歌詞以外に各地域で異なる歌詞を含めると、その数は150以上にも及ぶと言われているので如何に地元に根差した民謡なのかが理解出来ます。