牛タンて煮込めば煮込む程柔らかくなるの?

「牛タンて煮込めば煮込む程柔らかくなるの?」張りつめた雰囲気の控室で、なんとも場違いなセリフが耳についた。声の方を振り返ると、髪を頭の後ろの高い位置できっちりまとめあげた、顎の細い美少女が、俯き加減で携帯を耳に当て、誰かと通話をしているらしかった。



もう片方の手には雑誌を持ち、雑誌に目をやりながらの通話だった。鏡越しに様子を見ても、色が透き通る程白く、ふしめがちな目元には長い睫が綺麗に生えそろい、大きな目を想像させた。

仙台市のおすすめグルメ・レストランのお店検索|ランキング|Alike.jp

ここはあるオーディションの控室。この部屋にいる少女は、どの子もオーディションに応募するだけの美しさと自信を持ち合わせた美少女たちなのだ。しかし、先ほどの声の主は格が違う。誰もがオーディションで勝ち残りたいと闘志をメラメラと燃やしている中、一人涼風に吹かれているかのように涼しい顔をして、他のことにはまるで興味がないと言わんばかりに、退屈しのぎに雑誌をめくり、誰かと携帯電話で通話しているのだ。

「仙台グルメフェア」開催中のレストラン、「マルシェ デ ギンザ」に行ってきました | 仙台市

華やかな舞台を目指している少女には、一番似つかわしくない牛タンについて、その少女は電話の相手から何かを聞き取り、そばのバッグの中から筆記用具を取り出すと、先ほど読んでいた雑誌の隅に何かを走り書きした。「いっけない」驚いたような声をくだんの少女があげると、見ないようにしていた他の少女たちも一斉に彼女の方を向いた。

彼女は全く気にしていないそぶりで、控室のドアまで小走りにかけよると、ドアを開けてすぐ外にいた係員に「控室の雑誌、メモ書きしちゃいました。これ、もらえますか?」と質問した。少女の美しさに、係員が一瞬息をのむのが伝わった。自分が勝つのは無理だ。わかってしまった瞬間でもあった。