葬儀社の業務内容について

ある程度の年齢の人であれば、一度ぐらいはお葬式に参列した事があるかと思います。自宅の場合や葬儀場の場合などいろいろとあると思いますが、どこに参列しても花が綺麗に供えて並べられており、焼香台などの祭壇が綺麗に整えられていて、正面に故人が棺で安置されているというのを見かけると思います。近しい人などであればその後の簡単なお別れのための時間を共有する為の部屋が別に設けれられているのも見かけると思います。

寝屋川市|寝屋川市民葬儀

こういったことが当たり前に見られますが、その準備をしている葬儀社というのはなかなか大変な業務をこなしているというのが実情のようです。まず、誰かが無くなったということになれば、その時点から葬儀場の準備になるわけですから、勤務体系は昼夜を問わず24時間スタンバイしていなければならないのは言うまでもありません。もちろん常時全員がいる必要はありませんが、交代勤務であったり、待機状態で連絡が付くようにしていなければならなかったりと気楽に休む事はなかなか難しいようです。

石巻 葬儀

さらに連絡が入って遺族のもとに向かっても夜中などであれば、相手方も疲れきっていることでしょうから、その場で打ち合わせして段取りが決まってという事にもなかなか行かないようです。最低限の確認や設営だけを行い、実際の細かな打ち合わせは翌日の朝から行うことになります。通常亡くなった翌日に通夜、その翌日が葬儀というのが一般的な流れですから、打ち合わせの時間といっても半日程度しかないということが想像できます。実際打ち合わせを行った後にも、会場の設営、段取り、花の準備、地元町内への連絡や、参列者の焼香順番や名前の確認など、やることは多岐に渡り行き着く暇も無いよう用です。

藤沢市|葬儀

かといって、あせってバタバタとした感じを出して良い場所ではないですから、気持ちは余裕が無くても、たんたんとこなして行かなければならないという、何とも難しい仕事であり、参列している際に見かける雰囲気とはまったく違う忙しい業務内容であることを実感させられます。