英語の習得

日本で外国語というと、まず「英語」でしょうね。
アメリカの同盟国ということもあるでしょうが、
英語という言語は、世界で一番普及している為でもあります。

文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語施策情報 | 内閣告示・内閣訓令 | 外来語の表記

世界中で最も普及している理由としては、
やはり英語が持っている表現の簡潔さでしょう。

英語にはご存知のように「読み書き英語」と、
「会話としての英語」の2種類があります。

日本人は長年英語の訓練を受けてきているのに、
ちょっとした日常英会話すら話せない。
とは、よく言われることです。

九鬼周造 外来語所感

日本での英語教育は今までは文法中心で進んで来ました。

ところが、最近ではスピーキングとヒアリングに重点を移してきており、
話が出来る英語のレベルを目指すように方向が修正されています。

しかし、文法は不要かというと、決してそうではないと思います。

聞きとれて話が出来ても、ブロークン・イングリッシュでは、
あまり品が良いものではなく、
周囲の英米人からもあまり高い評価は得られません。

結局は両方バランスよく習得していく必要があると思うのですが、
自分の生活様式の中で、いつ頃にどのくらいの時間を訓練のためにさけるか、ということもあるので、自分に適した学習スケジュールを立てないといけませんね。

仙台 こども英会話

あと、最近「聞くだけで英語が上達する」といった方式が流行っています。
アメリカ人は英語を覚えるのに、
子供の時から周囲が皆アメリカ人だから英語が身に着いた。
だから英語環境に身を置くとよい、というのが背景にある論理ですね。

しかし我々はあくまで日本人ですから、
100%その論理は適用できないのではないでしょうか。

アメリカ人の子供が成人するまで、
あるいは高校生になるぐらいまでの時間を、
英会話スクールへ毎日通うというのも非現実的でしょう。

また、これも「英語漬け理論」の一部なのでしょうが、
「英語脳を持て」とか、「英語でモノを考える習慣をつけろ」
といったことですね。

例えば、分からない英単語が出てきても、英和辞典を引かずに、
英英辞典を調べる、というやり方です。

しかし、分からない英単語をさらに英語で解説されたら、
そこでまた分からない英単語なり動詞にぶつかり、
それをさらに英英辞典で調べて・・・、とやっていくと、
仕事を持ちながら英語を習得していこうとしている人にとっては、
とてもじゃないけれども時間不足なのです。

したがってこの方法は社会人学習者には厳しいかもしれませんが、
中学生や高校生にはトライすべき手法かもしれませんね。

結局は留学という形が最も理想の形かもしれません。