自分が載っていた使用済自動車を海外で発見

かつて自分の乗っていた自動車を海外で発見したとしたら、非常に感慨深い思いにとらわれるのではないでしょうか。そして、次には、「あんな中古車をわざわざ輸出なんてするのか?」と手放したときの状態を思い起こして、首を傾げる人もいるかもしれません。しかし、日本の自動車は、その製造技術に高さに伴う、耐久性や信頼性などが大変良い評価をされています。さらに、他国のものと比較すると、走行距離も少なめで、メンテナンスも行き届いており、丁寧に扱われている自動車が多いため、一見、日本では価値がほとんど価値がないと思われる車でも、海外では多くのニーズがあります。

引越するときや、自動車を廃車・譲渡するときの手続きについて - 岡山県ホームページ

また、使用済自動車から取り出したエンジンやミッション他、外装部品などの中古パーツも、リビルド用部品や修理用のパーツとして多くの需要があります。

廃車

使用済みの日本産自動車を多く見かけるのは、アフリカや南米、東南アジアなどが中心だと思われます。これらの地域には、まだまだ一般の人々の間に、自動車が普及していない場所も多いのです。だからこそ、日本の使用済自動車の需要は大きく、先に述べた耐久性や信頼性なども手伝って、市場が大きく開けてきています。

自動車税Q&A - 広島県ホームページ

もし、あなたが海外に出掛けて、古くなった国産の自動車を発見したとしたら、日本の自動車産業の技術力を誇りに思ってもよいかもしれません。そして、我々がいともたやすく使用済自動車として廃棄に出した車が、しっかりと使用に耐えていることについて考えてみるべきでしょう。